私の京指物 私の木工芸 やっちまった!失敗エピソード6話

2017年6月21日木工ブックスPosted小谷純子 Junko Kotani小谷純子 Junko Kotani

一番怖い失敗は木地の用意された仕事の時です。

自分の材料ならやり直せばいいのですが、預かり物はそうはいきません。

失敗に気付いたとたん冷や汗がどっとでます。

修正できる範囲でなければ、すぐに連絡して平謝りします。

幸い優しい方でしたので新しい木地を用意していただけましたが、

その手間もおかけしてしまいますし本当に落ち込みます。

テレビドラマの工芸作家さんたちは「こんなものー!」と破壊してしまいますが、

職人は失敗しないのが一番です。取り返しのつかない物もあるからです。

頑張ります……

次回は新入会の近藤さんです。よろしくお願いします。