私の京指物 私の木工芸 私の七つ道具 第三話

2018年10月26日日々のことPosted臼井浩明 Hiroaki Usui臼井浩明 Hiroaki Usui

職人といえば工房で一人黙々と仕事してるイメージが多いかもしれませんが、僕の場合は案外出仕事も多いです。

襖や屏風などの下地骨や縁を作っているのですが、修理を終えた本紙を張り込んだ屏風に縁を取り付ける時は博物館内などの修理工房に伺います。襖を納める時はお寺などの現場に合わせて調整します。

そんな時に必要なのがこの”お出かけセット”です。コンパクトにしつつも現場は何が起こるか分かりません。いろいろ対応できるように多彩な道具を準備してます。

中でも重宝するのが”毛引き”。

墨付けする道具で同じ距離を正確に引き、違う場所にコピーします。また柔らかい木ならカットすることも出来ます。

この鞄はいろんな現場で共に働いてくれた僕の相棒なんです。